銀行カードローン審査について

銀行カードローンの審査の基準は会社によってもいくらか差がありますが、大まかにいくつかのポイントがあります。
まず年齢や家族構成が確認されます。
年齢というと何歳から利用できるのか気になるところですが、学校に通っていても20歳以上であればローンを利用することができます。
キャッシング学生サークル公式HPにも書かれている通り、アルバイトをしていることが前提です。
審査内容は一般的なカードローンとほとんど変わりません。

そして最も重要視されるのが所得についてです。
先ほども述べたように学生であってもアルバイトをしていなければ借りることはできません。
親の仕送りは収入と見なされないので注意しましょう。
所得がどの程度なのかということは、本人の返済能力に直結する問題です。
融資を行うカードローン会社からみれば、今後滞りなく返済を行ってくれるかが重要になるのです。
所得と一言でいっても年収だけではなく、その収入の入り方もポイントになります。
年収が多いだけでなく毎月安定した収入が見込めるかが問題です。

カードローンの返済は一般的に毎月一定額を返していくことが多いです。
ですから月によっては実入りが少なく、また多い月もあるというケースは不安材料となる場合もあります。
年収としてみると決して多くはない人でも、月々一定の収入があると返済能力ありと見なされることもあるわけです。
しかし、専業主婦の場合は本人に収入がなくても夫の収入を元にカードローンを利用することができます。
専業主婦でも借りれるカードローンの存在は家計を管理する女性にとって心強いサービスですね。

さらに審査で大きなポイントになるのが個人信用情報の記載内容です。
この信用情報を確認すれば、過去や現在の借入状況や延滞記録が全て分かる仕組みになっています。
もしも滞納の記録があったり、いま現在他社からの借入れ額が多かったりするとマイナス要因となることもあり得ます。

それから意外と見落とされがちなのが申込書の書き方です。
きちんと虚偽のない内容で記入されているかが実はとても重要になるのです。
事実と異なる内容を記入しても、いずれ分かることですから大きく信用を失いかねません。
以上のことを念頭に、カードローンの申し込みを検討することをおすすめします。